27才(女)です。iDeco、今すぐ始めたほうがいい?

idecoのイメージ画像 私生活
bBear/写真AC

先日、SBI証券のiDeCo口座が30万を突破したというNewsが各種メディアで取り上げられていた。

私は現在27才で、数年前からiDecoの存在は知っていたし魅力も感じてもいたけれども、なんとなく「絶対やる方がいい!」と信じきれなくて足踏みしてきた。なんだけれども、他に考えないといけないことが増えて、悩んでいる頭のキャパがなくなってきたので、そろそろ自分なりにiDecoを「やる/やらない」の答えを出して脳のメモリを解放したい、ということで、書きながら頭の中を整理していこうと思う。

この記事の内容
・27才(女)のiDecoに対する考え方がわかる
・自分がiDecoをやるべきか否かのヒントになる

iDecoは魅力的だけど、不安がある

(※ここでは、一般的なiDecoのメリット・デメリットは既知である前提で話を進めます。)

私が感じるiDecoのメリット

私が魅力に感じるポイントは、節税効果。年収約300万円で家族なし、月額掛金をほぼ満額の23,000円iDecoに突っ込むと、所得税(14,100円)+住民税(27,600円)=合計41,700円の節税になる。掛け金は全額自分の資産と言えるので、言ってしまえばNISAをやるのと同じ。そこに加えて年間41,700円が浮くのだから、オイシイと感じるのも無理はない。

iDecoの気になるポイント

iDecoのデメリット①受け取りが60歳以降

では、何がひっかかるのかといえば「受け取りが60歳になる」という点。

現在27才だけれども、この先の人生、結婚や出産といったライフイベントで収入が減ったり、もしかしたら病気をして働けなくなることもかもあるかもしれない。離婚することもあるかも。収入が支出を超えてしまったりという不安が、私のiDecoへの不安の元凶だと感じる。もちろん十分な貯金があれば対処可能だろうが、資金が足りなかった場合でも、iDecoからお金を引き出すこともできないのである。

iDecoのデメリット②途中でやめられない

そして、途中で止められない点も大きなデメリットと感じてしまう。

通常掛け金は月額下限5000円からに変更できて、失業や病気などで掛金の拠出を一時的に停止できる制度もあるけれども、掛金がなくなったとしても口座管理に年額3000円は引かれてしまう。運用益がそれ以上出ていれば問題ないともいえるかもしれないが、それでトントンならただの預金の方が、出し入れが自由な分メリットが大きい。

iDecoを検討して気付いた私の不安

書いていて気付いた。私は自分の収入と貯蓄に対して不安があるんだ。一定額を稼ぎ続けられるかどうかわからない不安、収入がなくなってしまった時に生活を賄える貯金。これがないから、あと数十年受け取れないiDecoに不安があるんだとわかった。

しかも、もし十分な収入が得られず掛け金が少なくなってしまったら、結局得られる運用益も、そんなに多くならない。つまるところ、絶対iDecoに入った方がいい!と言えるのは、ある程度の年収を老後までの長期間維持できる人、となる。

今私がやるべきは、iDeco加入ではなく収入UP

そうすると、私が今やるべきことは結局、安定してお金を稼げるようになること。つまり、稼ぎ続けるスキルを身につけて稼ぎ続けることだと言える。でも、お金を稼ぎ続けるスキルを身につけて稼ぎ続けることができるなら、そもそもiDecoなんかに頼らず老後資産も蓄えられるだろうし、なんなら早期リタイアもできるんじゃないかと思ってしまう。

そうはいっても結局折り合いをつけなくてはならないし、まあiDecoも老後のリスクヘッジとしてアリな制度だと思うので、次回の検討時期を決めて締めくくりたいと思う。

まず目指したい最低年収

まず、ここまで述べてきた前提をまとめると
・iDecoのメリットを享受するには、毎月の掛け金は多い方がいい
・とはいえ、家計が赤字になるほどの資金は使えない
・毎月ギリギリ5000円かける程度なら、スキルアップにその資金を使い、稼げる自分になってから始める方が効率が良い
・ライフプランにおける特別出費をまかなえる貯蓄が必要

ということかな、と思う。

これらの項目を達成するためには、まず掛け金を最大限積み立てられるくらいの余剰資金が必要。余剰資金=収入ー生活費なので、取れる選択肢としては、①収入を増やす、②支出を減らす の2つがある。

私が最低限生きるのに必要な年額費用は大体150万円(※社会保険料や所得税を除く)。そして、楽しく暮らすのに必要な年額費用が+60万円くらいなので、年大体210万円の支出が見込まれる。そうすると年収300万(手取り約240万円)では正直idecoどころじゃない。(計算通りにことが運んでも、差額の30万円なんてちょっと結婚式に呼ばれたり病気をしたりしたらすぐに吹き飛ぶ)

企業年金のない会社員のiDecoの満額は年間で27万6000円なので、iDecoをするためには最低でも+約30万円の増収が必要。(正確には税金が乗ってくるのでもう少し必要かも。)でも、iDecoは60才まで引き出せないので、それとは別に貯蓄が必要。貯蓄はもちろん多ければ多いほどいいけど、現実的に考えて最低でも年収400万円は必要ということがわかった。

結論:iDecoよりもまずは年収UP

ということで、結論として「年収400万円になるまでは、iDecoはしない。」と決めようと思う。(私の現在の年収は約300万円である。)次回のiDeco検討時期は年収400万円になった時。今私がやるべきは、年収をあげること。

コメント