ヘリーハンセン2019年秋冬の新作「ファイバーパイルコート」レビュー

ヘリーハンセンのファイバーパールコート 高配当株

ヘリーハンセン2019年秋冬の新作「ファイバーパイルコート」買っちゃいました。

お値段28,600円也。高い……。

私はあまり支出を増やしたくないタイプなので、自分では絶対買わない値段の服なんだけど、

クリスマスプレゼントにと、パートナーが買ってくれました。

これを買ってもらうまでは、あんまり本格的な冬に耐えうるアウターを持ってなくて、

春とか秋に着るようなジャケットの下にインナーダウン着て凌いでたんだけど

ファイバーパイルコートがうちに着てからは、気温が10℃下回ったら絶対これ!

って感じに活躍しております。

やっぱ、あったかいっていいなと思った。

去年とかはまじで冬出歩きたくなかったんだけど、アウターがあったかいと普通に外に出れる。

ノースフェイスとかのダウン買う人の気持ちが今さらわかった。

あとは、高いもの着てると

いいもの着てるっていう気分になって、自分自信がちょっと

よくなった気にすらなるから服のパワーって計り知れない。

そもそもファイバーパイルって何?

コートの値札と一緒に、こんなのが付いてました。

フリースの元祖ともいえるファイバーパイル®は、HELLY HANSENが極限的な寒さの中で働く海の男たちのために生み出した、ブランドを象徴する素材。ボア感のあるクラシカルな風合いが特徴で、保温力に優れています。

goldwin

つまり、保温力に優れた断熱素材と言うことですね。だからあったかいのね。

ファイバーパイルコートのレビュー

まず表と裏はこんな感じ。

首元にホックが一つ付いてて、あとはバスローブみたいに腰で紐巻いて前を閉じるスタイル。

個人的にちょっとこの首のホックが付けづらい。

これまで着てきた服でこういうホックがあるやつって、大抵内側に向かってカギ(引っかける部分)が付いてるんだけど

なぜかこれは外側に向かってカギが付いてる。

から、ちょっと着はじめた当初は特に着づらかった。

今はちょっと慣れた。けどやっぱ、個人的にはホックは内側向いてて欲しい。

海外のブランドだからなんかな。

腰紐巻いて着たら、こんな感じ。

私は身長155cmであります。

サイズ選び

ファイバーパイルコートはSMLの3種類あって、私はMサイズを買った。

Sも着てみたんだけど、なんかぴっちりしすぎてちょっと変だったんだよね。丈も膝くらいまでしかなくて、それこそなんかバスローブみたいに見えちゃったから、オーバーサイズでMの方が可愛いなっていう結論に。

袖もそんな長すぎないし。

袖の構造が冬にありがたい

あ、あと、袖はちゃんと手首がキュって閉まる構造になってるから、手首から冷気が入って来ることもない。これは冬の風が強い日には特にありがたい。

紐なしで着るとこんな感じ。

紐なしで着ても可愛い。

写真だとちょっともっこりして見えるけど、実際はオーバーサイズな雰囲気でいい感じに見えるとパートナーも言ってた。

ちょっと気温高めの日とか、風は紐なしで着ると、前から風が入ってきてちょうどいい感じの温度になる。

風のない日だったら、紐なしでも前を手とかカバンでちょっと押さえてれば、そんなに寒くない。

けど、逆に、風が強い日とかは、腰紐必須。

腰紐ないと前がほぼ全開だから、風吹くとめっちゃ寒い。

裏地はこんな感じ。着脱が簡単

裏地は、ツルツルした肌触りの生地。

ポリエステルって書いてあった。

まあ、表地もポリエステルって書いてあったから、素材は表も裏もどっちも一緒なんだけど。

で、そうそう。裏地がツルツルしてるから、ニットとか着てても摩擦がなくて、コートの着脱がめっちゃ楽でいいなと思った。

腰紐に物申したい

いきなり殴り込みなんだけど、腰紐にはちょっと物申したい。

腰紐さあ、表面はコートの表面とおんなじファイバーパイルなんだけど、

裏地が、ファイバーパイルじゃないんだよね。

ちょっと見づらいかな?伝わるかな。

で、なんでこれが気に入らないかって言うと、

結んだ時に裏表を考えて結ばななきゃいけないからめんどくさい!!!(ものぐさ!!!)

面だけじゃなく裏もファイバーパイル仕様にしてほしかったな…。ぐすん…。

まとめ

気に入ったところ、気に入ってないところ色々述べてきましたが、何よりあったかくて満足してます。

私はブルーを買ったんだけど、グリーンも可愛かった…。

洗濯機で洗濯できるの!?

買った時は知らなかったんだけど、今アマゾンの商品ページ見てたら、

お手入:洗濯機・ドライ

Amazon

って書いてあった!!!

えっ、洗濯機で洗濯できるの!?めっちゃ便利じゃん。

コメント